Prometheus – Part Four – Escape – Chapter 9 – Yutani Patreon Exclusive

9 Pg235 〈プロメテウス〉がエンジニアの宇宙船に体当たりし、大爆発を起こして粉々に砕け散った壮絶な瞬間を、エリザベスは眼に焼きつけていた。The magnificent moment when Prometheus crashed into the Engineer’s spaceship, causing abig explosion and a shattering of metals and glass, seared its way into her eyes. 巨大なエンジニアの宇宙船は爆発を免れたが、輪状の胴体の真ん中部分が大破し、航行機能を失ったのかバランスを崩して、体勢を斜めにしながら落下してきている。こっちに向かって。The giant Engineer’s spacecraft survived the explosion but suffered a severe damage in themiddle part of its ring-shaped body. As if it had lost its navigation capabilities, … Continue reading Prometheus – Part Four – Escape – Chapter 9 – Yutani Patreon Exclusive

Prometheus – Part Four – Escape – Chapter 8 – Yutani Patreon Exclusive

8 ——まったく、自分がもう助からないからって、私たちを巻きこもうとして—— S eriously, trying to embroil us when we can no longer help you ? Pg232 窓の外を流れる灰色の空を眺めながら、ヴィッカーズはさっきまで感じていた苛立ちと焦りと怒りを、静めていた。武器がない〈ブロメテウス〉に巨大な敵船の行動を阻止せよと言うのは、特攻(Kamikaze)を強要しているのも同然だ。Taking in the bleakness of the sky that spread outside the window, Vickers fought to quietdown the annoyance, impatience and anger overwhelming her. Demanding a ship such as theProm etheus to stop the movement of a gigantic enemy … Continue reading Prometheus – Part Four – Escape – Chapter 8 – Yutani Patreon Exclusive

Prometheus – Part Four – Escape – Chapter 6 – Yutani Patreon Exclusive

6 Pg224 「……ここには……何もない……」“……There’s nothing……here……”力尽きてゆくウェイランドの声に、ヴィッカーズは恐怖を覚えながらも、耳を澄ませていた。Despite the fear churning in her gut, Vickers listened to the waning voice of Weyland.ブリッジの通信スピーカーから流れてくる嗄がれた声に集中しているのは、彼女だけではない。ヤネックやラヴェル、チャンスも前のモニターを見ながら、最悪の事態に表情を強張らせている。すでにフォードとガイラーの宇宙服からは、着用者の生命反応を知らせるサインが途切れていて、カメラの画像も制止したままだ。やがてウェイランドの生命反応も途絶えたとき、ヴィッカーズは言った。She was not the only one focusing on the hoarse voices streaming through the bridgespeakers. Janek, Ravel and Chance had been watching the monitors previously and their faceswere stretched taut with expressions to expect the worst. Already, the … Continue reading Prometheus – Part Four – Escape – Chapter 6 – Yutani Patreon Exclusive

Prometheus – Part Four – Escape – Chapter 5 – Yutani Patreon Exclusive

5 “生存者” はゆっくりと半身を起こすと、細めた険しい眼であたりを見回した。室内の薄暗い照度でもまぶしいのか、手で眼元を何度もこすって堪えようとしている姿は、人間がハイパースリープから目覚めたときの様子とそっくりだ。The “survivor” slowly lifted its body and looked about with its piercing, narrowed eyes. As ifdazzled by the dim lighting in the room, a hand lifted to rub those eyes several times. Thisaction was similar to how a human would react after being woken from hypersleep. Pg221 エリザベスがそんなことを考えていると、“生存者” はマスクをはずし、まだ不自由な身体を懸命に動かして、カプセルから這い出てきた。足腰をフラつかせながら、なんとか床に立っている。In the time Elizabeth was … Continue reading Prometheus – Part Four – Escape – Chapter 5 – Yutani Patreon Exclusive

Prometheus – Part Four – Escape – Chapter 4 – Yutani Patreon Exclusive

4 建物への進入経路はこれでまでと同じで、地面との隙間である横長の切れ目の岩場から入っていった。これまでと違ってデイヴィッドが先頭に立ち、ウェイランドを警護しながらガイラーが続き、そのあとにエリザベスとフォードが続いた。They entered the building in the same way as they had done previously, through the oblongshaped gap in between the rocky surfaces. Unlike before though, David led the way, followedby Weyland who was guarded by Guyler, and lastly Elizabeth and Ford made up the back oftheir compact group. Pg211 初めて建物の中に足を踏み入れたウェイランドは、ライ卜の灯りを洞窟のあちらこちらに這わせて首をめぐらせては、物珍しそうに眺めている。誰も話さないので、油圧式の歩行補助装置の稼働音が皆の足音の合間を縫って、響いている。Walking into the monument for … Continue reading Prometheus – Part Four – Escape – Chapter 4 – Yutani Patreon Exclusive

Prometheus – Part Four – Escape – Chapter 3 – Yutani Patreon Exclusive

3 ウェイランドが生きていて、しかも〈プロメテウス〉に乗船していたことがヴィッカーズの船内放送で伝えられたのは、エリザベスがイオン・エンジンの機関室の近くを通って、自分の部屋に向かって歩いていたときだった。Weyland was alive and aboard the Prometheus the entire time 歩きながらエリザベスは、迷っていた。ウェイランドと一緒に、生きているエンジニアに会いにいくべきかどうか、を。Elizabeth was still in doubt about whether to go and meet the living Engineer with Weyland. Pg204 ひとりの女として、それを怖れている自分がいる。化け物のような生物を胎内に宿した恐怖は、一生消えない。その恐怖にまた自ら関わってゆく暴挙を拒む防衛本能が、警告している。絶対に行くな、と。As a woman, she had her own fears. That fear when she harboured the monster-like creaturein her womb would never go away. A sense of self-preservation cautioned … Continue reading Prometheus – Part Four – Escape – Chapter 3 – Yutani Patreon Exclusive

Prometheus – Part Four – Escape – Chapter 2 – Yutani Patreon Exclusive

2 ウェイランドの部屋からブリッジまでの道のりは遠い。ヴィッカーズは早足で進みながら、自身の迂闊さを罵っていた。It was a long distance from Weyland’s chambers to the ship’s bridge. While advancing on arapid pace, Vickers was cursing at her own carelessness. ウェイランドが二年前に謳った “エンジニアたちの発見が第一” とい言葉が、今回のプロジェクトで何よりも優先されるのはわかっていた。デイヴィッドがそれに忠実に従うもことも当然理解していた。She knew that in Weyland’s statement two years ago about being “the first to discover theEngineers” this project took precedence over any other. David naturally understood andfaithfully obeyed … Continue reading Prometheus – Part Four – Escape – Chapter 2 – Yutani Patreon Exclusive

Prometheus – Part Four – Escape – Chapter 1 – Yutani Patreon Exclusive

第四章 脱出 Part Four Escape 1 Pg190 ドアの向こう側は短い通路になっていて、その奥は、明るい部屋に繋がっている。A short passageway laid on the other side of the door, ending in a brightly lit room. 足音を忍ばせてやってきたエリザベスは部屋の端に立ち、息を呑んだ。Elizabeth, walking as softly as she could, stopped at the threshold of the room and gasped. それまでの景色とはうって変わった、白色を基調にデザインされたモダンな景色が広がっていたからだ。The room that was presented before her beheld a white-themed modern-design scenery,which was so different … Continue reading Prometheus – Part Four – Escape – Chapter 1 – Yutani Patreon Exclusive